「社協」とは?

 社会福祉協議会は、戦後間もない昭和26年に民間の社会福祉活動の強化をはかるため 全国、都道府県レベルで誕生しました。そして、ほどなく市区町村へ組織を拡大し、福祉活動へ の住民参加を進めながら、現在まで一貫して地域福祉活動の中心的役割を果たしてきました。 運営の原則は、地域の住民、社会福祉の関係者などの参加・協力を得て活動するのを大き な特長とし、民間組織としての自主性と、広く住民や社会福祉関係者に支えられた公共性という 二つの側面をあわせ持った組織です。

このマークは、社会福祉協議会のシンボルマークです。(全国共通)社会福祉および、 社会福祉協議会の「社」の文字を図案化し、「手をとりあって、明るい幸せな社会を建設する姿」 を表現しています。全国の仲間が、このマークのもと地域福祉の推進を図るため、それぞれの地域で頑張っています。